アクセス

新型コロナウイルス
感染症について

在校生のみなさまへ
非常事態宣言解除に伴う
対面授業の再開について

(2020年5月26日現在)

本校では5月中の授業については、課題の実施や、動画の配信等を使用した遠隔授業のみを行っております。その後、感染状況や政府・関係省庁の方針を確認しながら、今後について検討してまいりましたが、京都府における非常事態宣言・休業要請の解除を受け、6月1日より、感染予防対策を徹底した上での、対面授業を段階的に実施することになりました。

当面はいわゆる3密をさけるために、分散登校や1クラスあたりの人数を制限した状態での授業を、各学科の特性に合わせて実施してまいります。また、講義系の授業などは遠隔授業も併用してのカリキュラムとなりますので、学科によっては遠隔授業中心となることもあります。登校に際しては下記の事項を徹底し、感染予防に努めます。(詳しくはホームルーム等でご説明します)。

授業実施上の感染予防対策について

・6月中の授業は十分な座席の間隔(2mを目安;最小1m)をとり、1回の授業の人数は教室定員の概ね半数以下とします。接触の多い実技授業は極力、実施を控えます。その後、各種状況を判断し、段階的に通常授業に移行します。
・特別な事情のない限り、マスクの着用は必須とします。また、教室や使用器具の清掃やアルコール消毒、こまめな換気の実施、咳エチケットや手洗いの徹底等のご協力をお願いします。
・毎日、検温を含む健康観察をし、その結果をチェックシートに記入して、体調不良時は自宅待機をお願いします(事前に連絡があれば公欠とします)。
・自身が罹患したときや濃厚接触者となったときはもちろん、近親者(同居者等)に濃厚接触者が出た場合は、すぐに学校へ連絡下さい。自宅待機をお願いすることがあります(公欠になります)。

その他、詳しくはホームルーム等でもご説明いたします。

まだまだ、ご不安なことも多々あるかと存じますが、学生の皆様の健康と安全面を最優先として、かつ、十分な教育を受けて頂けるように善処してまいりますので、ご理解を賜りますよう、宜しくお願いいたします。

その他、ご質問やご不安なことがある方は、お気軽に京都医健専門学校・各学科へご相談ください。

【連絡先】
第1校舎教務室(柔道整復科・鍼灸科・理学療法科・作業療法科・社会福祉科・精神保健福祉科)
[TEL] 075-257-6507

第2校舎教務室(スポーツ科学科・トータルビューティー科・視能訓練科・言語聴覚科)
[TEL] 075-257-6508

戻る

Official Account