幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

精神保健福祉科 1年制4年制大学等卒業者対象

京都で唯一!夜間1年制で
精神保健福祉士の国家資格がめざせる!

精神保健福祉士って?

精神科医療・保健・福祉にまたがる領域で「人」に向き合う専門職

精神保健福祉の領域において、こころの病を抱えている人々や、そのご家族からの相談をお受けし、地域社会で快適に生活できるように支援する国家資格です。近年、社会関係や人間関係が、複雑化、多様化する事により、人々のメンタルヘルス(こころの健康)が重要な課題となり、精神保健福祉士の役割が急速に広がっています。

精神保健福祉士の専門性

ソーシャルワークの知識・技術を基盤とし、精神に何らかの障害のある人に対して、当事者と共に「その人らしさ」を追求した支援を行います。

依存症問題

依存症は、生活面や考え方、人間関係の作り方からもみつめ直す必要があり、長いリハビリ期間を要します。そうした手助けを、生活者としての視点からサポートします。

自殺問題

自殺の背景には、金銭問題、生活上の問題、さらには人間関係など社会的問題も抱えていることが多くあります。精神的治療と並行したソーシャルワーク支援が重要になります。

認知症高齢者問題

認知症を抱える高齢者が地域で生活し、社会復帰するための支援や相談業務を担います。現在、成年後見人制度などでも大きく注目されています。

災害の問題

災害直後の生活支援から心理的ケアを同時に行っていく精神保健福祉士の関わりは危機的状況を回避する上で大切な役割を担います。

労働基準法

就労支援など精神障害者の社会参加への支援は国が最も力を入れている領域です。医療や福祉施設だけでなく、企業においてもその専門性が発揮されることが期待されています。

労働安全衛生法

一定の研修を受けた精神保健福祉士が、平成27年より義務化された「ストレスのチェック制度」の実施者として指定されています。

職場における自殺の予防と対応

労働環境のさまざまな負荷が労働者の心の健康に重大な影響を及ぼしています。ストレスケアと労働環境への関わりに期待されています。

トータルヘルス

社会における様々な要因によっておこる課題や問題、更にはそこから派生して起こるストレス疾患等に関わりをもち、解決に導きます。

精神保健福祉士が活躍する現場

精神科医療の場で国が定めたスペシャリスト

退院支援やリハビリテーション実践のほか、医療費などの生活上の課題を解決していきます。それによって診療報酬を得ることができます。また、国によって配置義務が定められているので専門性が高い領域です。

  • 精神科病院・診療所
  • 総合病院精神科
  • 精神科デイケア

行政・地域の場で専門職採用があるので有利!

精神科医療や社会福祉についての制度利用の手続きを行うほか、さまざまなサービスを提供して暮らしをサポートします。精神保健福祉士は専門職枠としての採用があり、公務員をめざすことができます。

  • 自治体・保健所
  • 福祉事務所
  • 精神保健福祉センター
  • 社会福祉協議会

生活支援の場で様々な領域で活躍!

精神に障害のある人が地域で安心して暮らせるよう、相談員や指導員として生活支援や社会参加、就労支援など多岐にわたるサポートをします。

  • 地域活動支援センター
  • グループホーム・ケアホーム
  • 就労移行支援事業所
  • 障害者福祉サービス事業所

司法福祉の場で社会復帰を任う中心的存在

心身喪失等の状態で重大な他害行為を行った人に対して、社会復帰をサポートします。地域での生活が円滑に進むように精神保健福祉士の専門性をフルに発揮できます。

  • 保護観察所
  • 社会復帰調整官

企業など働く場でニーズが高まっています!

企業などで働く社員・従業員に対して、メンタルヘルスに関する研修やプログラムを実施するほか、ストレスチェックの実施等、職場で働き続けるために相談に乗り、ストレスの予防や復職をサポートします。

  • 従業員支援プログラム事業
  • メンタルヘルスケア事業
  • リワーク(復職)支援事業

その他相談援助の専門性を活かして

介護保険施設や地域包括支援センターなどの一部では、法的定めはありませんが精神保健福祉士を配置して利用者やその家族の相談支援・生活支援を行っています。そのほか、教育現場ではスクールソーシャルワーカーがいじめや家庭の問題を支援し、ハローワークでは就労を希望する精神障害者の相談や企業の意識啓発などを行っています。

  • 介護保険施設
  • 地域包括支援センター
  • ハローワーク
  • スクールソーシャルワーカー

京都医健だからできること

京都で唯一!夜間1年制の精神保健福祉士の一般養成施設

1.国家試験・就職サポートの充実

個別面談等を重ねながら1人1人の状況に合わせて試験対策や就職サポートをきめ細やかに行うことができます。

2.現場に強い!実践力が身に付く!

資格取得だけがゴールではなく、現場で活躍できる精神保健福祉士をめざして、演習授業等で実践力を磨くことができます。

3.学習環境

同じ目標をもったクラスメイトと助け合い、教員と直接対話しながら授業を進めるので、理解度のアップや記憶の定着につながりやすいです。

4.社会福祉科での実績とノウハウを生かした資格&就職サポート

合格まで導く国家試験サポートシステムや就職サポートは社会福祉科と連携しながら同様のサポート体制を用意しています。

合格まで導く国家試験サポートシステム

姉妹校と連携して行う国家試験合格に向けたサポート

京都医健専門学校が所属する滋慶学園グループでは、国家試験合格に向けた専門組織JESC国家試験対策センターを設置。グループ力を活かした国家試験合格サポートを行っています。

万一不合格の場合でも授業料無料で受けられる
合格保証制度(無料)卒業後サポート

万全の国家試験対策を行っても、試験当日の体調不良等のアクシデントは考えられるもの。京都医健では万一不合格の場合でも卒業後も受講料無料で国家試験をサポートします。

精神保健福祉士&社会福祉士Wライセンスがめざせる!

京都医健は「社会福祉科」と「精神保健福祉科」を設置しており、最短2年間で福祉のWライセンスを取得することができます! その場合、独自の学費サポートも設けております。 >>詳しくはコチラ

社会福祉士 国家試験合格率(新卒)
一般養成施設で2年連続 全国第1位の合格率!

第28回

90.9%

33名中 30名合格

全国平均 26.2%

第27回

84.6%

13名中 11名合格

全国平均 27.0%

第28回社会福祉士国家試験合格率(全国)
4年制大学ルート

全国平均合格率

47.0%

9,441名中 4,436名合格

一般養成施設ルート

全国平均合格率

55.1%

5,060名中 2,786名合格

全国総合

全国平均合格率

26.2%

44,764名中 11,735名合格

全員の就職が決まるまで! 万全のバックアップ体制

キャリアセンター

キャリアセンターは就職専門のサポートセンターです。就職活動時の在校生やキャリアアップを考える卒業生に、業界や分野を踏まえたきめ細やかな就職サポートを行います。

就職のための5つのサポートシステム

  1. キャリアセンターと担任が連携しWサポート
  2. 一人ひとりをフォローする就職セミナー
  3. 企業・病院・施設との太いパイプ
  4. 就職に直結する実習&インターンシップ
  5. 生涯就職サポートシステム

卒業後の転職活動もサポートしています。

卒業後、「キャリアアップの為に転職を考えている」「結婚・出産を機に転職しなければいけなくなった」そのような場合でも、転職相談、転職情報のご紹介を行っております。

働きながら学べる夜間部

授業時間 18:20〜21:30
夜間部なので昼働いて夜学ぶことが可能。国家資格をめざしながら収入を確保することもできます。
アクセスも便利なので、仕事との両立がしやすいです!

ワーク&スタディ制度

京都医健では、働きながら国家資格の勉強をする方を応援するための「ワーク&スタディ制度」があります。キャリアセンターが福祉施設やデイサービスなど学びに関係のあるアルバイト先を紹介するので、在学中から経験を積むことができます。

  • 医療・福祉分野のアルバイト先を学校が紹介
  • 現場経験を積みながら収入を得られる
  • 現場経験をアピールできる!そのまま就職につながることも

京都医健だからできる学び&サポート

対人援助ゼミ

対人援助ゼミ

演習授業だけでなく、授業時間外に“人”に関わる仕事、“対人援助職”をめざす人向けたゼミ活動を実施。コミュニケーション力向上を目的としたゼミです。実習対策にもなります!

  • 自己分析
  • コミュニケーション方法の実践
  • ロールプレイ
  • プレイバックシアター など

卒業後研修

卒業後研修

業界の特別講師などを招き、スキルアップなど様々なテーマで卒業生に向けたセミナーや卒業生同士の勉強会を開催しています。卒業後も同じ業界のプロとしてつながりを持ち、共に成長していきます。

SSC (スチューデントサービスセンター)

SSC (スチューデントサービスセンター)

学園生活の様々な悩み事に対して、専属のカウンセラーが相談に応じます。プライバシーを尊重し、悩みを打ち明けやすいよう最適な環境・制度を設け、親身になってサポートします。

社会人入学をサポート〈奨学金&免除制度〉

日本学生支援機構奨学金

入学後に手続きをすれば、社会人の方でも奨学金の利用を検討していただくことができます。
月額最大 12万円貸与

実務経験者・有資格者の学費免除制度

入学前までに実務経験が1年以上ある方
実習費 10万円相当免除

入学前までに社会福祉士もしくは精神保健福祉士を取得している方
学費 10万円相当免除

Wライセンス取得サポート制度

京都医健に入学し、最短2年間で社会福祉士・精神保健福祉士をめざす方には学費サポート制度があります。

例)1年目:社会福祉科 ⇒ 社会福祉士を取得
  2年目:精神保健福祉科に再入学

精神保健福祉科の入学金10万円相当+学費10万円相当
合計 20万円相当免除

※2年目に専門実践教育訓練給付金制度を利用する場合、Wライセンス取得サポート制度による学費免除によって専門実践教育訓練給付金制度の給付額が変わります。

入学方法[入学要件]

ルート1 一般大学(4年制)等卒業
ルート2
  • 短期大学、専門学校(3年制)等卒業
  • 実務経験1年※
ルート3
  • 短期大学、専門学校(2年制)等卒業
  • 実務経験2年※
ルート4 実務経験4年※

※実務経験とは、福祉施設・医療機関など指定施設において「相談援助業務」に従事することをいいます。

年間スケジュール(予定)

未経験から精神保健福祉士の“国家資格”と“実践力”を手にいれる1年間!

入学前

入学前授業(Myスクール)月1回程度(6月〜3月)

4月

入学式
授業開始(1週目から)

5月

ゴールデンウィーク休暇(3~4日間)
国家試験受験対策講座開始

6月

医健祭(学園祭)
福祉就職フェア
就職活動スタート

7月

福祉就職フェア
模擬試験スタート(年間計5回、12月まで)

8月

お盆休み(3〜4日間)
学内合同企業説明会

11月

精神保健福祉援助実習①(約2週間)
実習先によって実習時間帯が異なります。(平均1日8時間)

12月

冬期休暇(約1週間)

1月

国家試験(1月末の日曜日)

2月

精神保健福祉援助実習②(約3〜4週間)
実習先によって実習時間帯が異なります。(平均1日8時間)

3月

卒業式
合格発表(3月中旬)

学費&教育訓練給付金についてはコチラで相談!

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account

page top

Page Top