幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

社会福祉科 1年制4年制大学卒業者等対象

専門実践教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定講座

生活困難に直面している人に
向き合い、適切な援助につなげる

京都で唯一の夜間一年制の
社会福祉一般養成課程

社会福祉士 国家試験合格率(新卒)
2年連続全国No.1の実績(一般養成施設)

2016年実績

90.9%

33名中 30名合格

全国平均 26.2%

2015年実績

84.6%

13名中 11名合格

全国平均 27.0%

専門実践教育訓練給付制度

社会福祉科対象

社会福祉士への1年間

ルート1 一般大学(4年制)等卒業
ルート2
  • 短期大学、専門学校(3年制)等卒業
  • 実務経験1年※
ルート3
  • 短期大学、専門学校(2年制)等卒業
  • 実務経験2年※
ルート4 実務経験4年※

※実務経験とは、福祉施設・医療機関など指定施設において「相談援助業務」に従事することをいいます。

 

京都医健専門学校で、1200時間以上受講

国家試験受験

主なイベント

国家試験対策
相談援助実習
相談援助演習

年間スケジュール

最短1年、夜間の授業で働きながらの通学が可能

入学前
入学前授業(Myスクール)

入学前授業(Myスクール)月1回程度(7月〜3月)

4月
授業開始

入学式
授業開始(1週目から)

5月

ゴールデンウィーク休暇(3~4日間)
国家試験受験対策講座【土曜日PM授業】開始(5月下旬~12月まで)

6月
医健祭(学園祭)

医健祭(学園祭)
福祉就職フェア
就職活動スタート

7月

福祉就職フェア
模擬試験スタート(年間計5回、12月まで)

8月
学内合同企業説明会

お盆休み(3〜4日間)
学内合同企業説明会

12月

冬期休暇(約1週間)

1月

国家試験(1月末の日曜日)

2月
実習報告会

相談援助実習(4~5週間)実習先によって実習時間帯が異なります。(平均1日8時間)
実習報告会

3月
卒業式

卒業式
合格発表(3月中旬)

社会福祉士ってどんな仕事?

社会福祉士は、生活困難に直面している人に対して、社会福祉の専門的知識や技術をもって相談に応じ、問題解決に向けて援助する専門職です。一般的にソーシャルワーカーとも呼ばれており、関係機関、関係職種と連携しながら援助を行うことが求められます。児童、高齢、障がい分野以外にも、医療、教育、更生保護の分野においても活躍の場が広がっており、相談援助のエキスパートとして重要な役割を担っています。

活躍できるフィールド

行政

行政

市町村役場にある福祉事務所で、生活保護を担当するだけではなく、児童や高齢者、障がい者の相談業務、家庭訪問などを行います。

  • 福祉事務所

社会福祉協議会

地域

人々の生活の中で共通する福祉課題に対して、その解決に向けて地域社会自らが組織的に取り組んでいく過程を支援します。住民への相談支援活動の他、調査や広報活動、ボランティア活動の支援、新たな福祉サービスの企画・実施など、その仕事内容は多岐にわたります。

  • 都道府県社会福祉協議会
  • 市町村社会福祉協議会

地域包括支援センター

高齢

高齢者の介護や生活支援、消費者被害、虐待問題などの相談業務や家庭訪問。また成年後見制度の紹介なども行います。

  • 老人介護支援センター
  • 地域包括支援センター

スクールソーシャルワーカー

教育

暴力行為、いじめ、不登校、学級崩壊など、児童生徒が抱える課題が多様化、複雑化、深刻化している状況を打開し、教育支援を行います。平成20年度から導入されています。

  • 小学校
  • 中学校

障害者生活支援センター

障がい

手帳の取得や福祉サービスを利用するための相談及び申請手続き、福祉機器や住宅改修・改造、就労などについての相談に応じます。

  • 地域生活支援センター
  • 障害者支援施設
  • 生活介護事業所
  • 就労支援事業所
  • グループホーム

医療ソーシャルワーカー

医療

患者様や家族から医療費や退院後の生活、仕事、転院先、各種申請手続きなど、様々な相談に応じます。病院の医療福祉相談室などに配属されています。

  • 総合病院
  • 一般病院
  • 回復期病院

地域生活定着支援センター

更正保護

矯正施設(刑務所、少年刑務所、拘置所、少年院)退所者で、自立困難な高齢者や障がい者を直ちに必要な福祉サービスにつなげます。

  • 地域生活定着支援センター
  • 更生保護施設
  • 保護観察所(社会復帰調整官)
  • 少年院
  • 刑務所

児童相談所

児童

子育て、非行、虐待など、児童に関する様々な問題について、家庭や学校などからの相談に応じます。児童や保護者に必要な指導を行うことや、児童の一時保護も行います。

  • 児童相談所
  • 児童養護施設
  • 児童自立支援施設
  • 母子生活支援施設

就職実績

公務員・社会福祉協議会・福祉事務所・団体

大阪府職員/茨木市職員/高島市職員/徳島県社会福祉協議会/社会福祉法人 京都市社会福祉協議会/社会福祉法人 高槻市社会福祉協議会/社会福祉法人 守山市社会福祉協議会/社会福祉法人 京都府社会福祉事業団/社会福祉法人 京都総合福祉協会/一般財団法人 宇治市福祉サービス公社/幸重社会福祉事務所

病院・クリニック

大阪医科大学付属病院/医療法人財 医道会 十条武田リハビリテーション病院/医療法人社団石鎚会 田辺中央病院/医療法人 菅原クリニック/医療法人 幸生会琵琶湖中央病院

福祉施設

社会福祉法人 宝塚さざんか福祉会/社会福祉法人 福朗母子支援施設 ヴェインテ/社会福祉法人永山会 しがそせい苑/社会福祉法人永山会 そせい苑/更生保護法人盟親/社会福祉法人城陽福祉会/社会福祉法人真昌会総合 高齢者福祉施設上牧の郷/社会福祉法人七施会 特別養護老人ホームメルシーうずまさ など他多数

営業職
高齢者施設職員

社会福祉法人 城陽福祉会 勤務

大内さん
大内さん
2015年卒
龍谷大学出身
主婦
市役所(福祉職)

高島市役所 勤務

大谷さん
大谷さん
2015年卒
京都産業大学出身
大学生
社会福祉協議会職員

徳島県社会福祉協議会 勤務

枡井さん
枡井さん
2015年卒
立命館大学出身

京都医健はココが違う!
社会福祉科の強み!

京都で唯一!夜間1年制の社会福祉士・精神保健福祉士の一般養成課程

1.国家試験・就職サポートの充実

個別面談等を重ねながら1人1人の状況に合わせて試験対策や就職サポートをきめ細やかに行うことができます。

2.現場に強い!実践力が身に付く!

資格取得だけがゴールではなく、現場で活躍できる社会福祉士をめざして、演習授業等で実践力を磨くことができます。

3.学習環境

同じ目標をもったクラスメイトと助け合い、教員と直接対話しながら授業進めるので、理解度のアップや記憶の定着につながりやすいです。

京都医健だからできる学び&サポート

対人援助ゼミ

対人援助ゼミ

演習授業だけでなく、授業時間外に“人”に関わる仕事、“対人援助職”をめざす人向けたゼミ活動を実施。コミュニケーション力向上を目的としたゼミです。実習対策にもなります!

  • 自己分析
  • コミュニケーション方法の実践
  • ロールプレイ
  • プレイバックシアター など

卒業後研修

卒業後研修

業界の特別講師などを招き、スキルアップなど様々なテーマで卒業生に向けたセミナーや卒業生同士の勉強会を開催しています。卒業後も同じ業界のプロとしてつながりを持ち、共に成長していきます。

SSC (スチューデントサービスセンター)

SSC (スチューデントサービスセンター)

学園生活の様々な悩み事に対して、専属のカウンセラーが相談に応じます。プライバシーを尊重し、悩みを打ち明けやすいよう最適な環境・制度を設け、親身になってサポートします。

即戦力となる社会福祉育成をめざした京都医健独自のカリキュラム!!

一年間で実践力も養う充実した演習授業や特別講義

演習授業

京都医健では、相談援助の実践力を高めていくため、ドラマ(演劇)の要素を用いた演習カリキュラムを3段階で組み立てているのが特徴です。

第1段階「自己覚知と自他に対する気づき」
指導は即興劇の国際資格を持った教員が行います。
第2段階「事例研究」
学生自ら相談援助に係る事例を作成し、事例研究発表を行います。
第3段階「対人援助場面の実際」
学んできた対人援助技術を実践する力を身に付けます。

演劇を取り入れた演習授業を通して実際の 相談援助場面をロールプレイ

グループワークでクライエントの事例とそれに 対する相談援助の方法について発表

国家試験合格をめざすと共に、演習授業を通じて、
卒業後、即戦力として活躍できる実践力の育成に力を注いでいます。


社会福祉士・介護支援専門員
即興劇の国際資格を取得
社会福祉科 学科主任
各務先生

特別講義

業界の第一線で活躍する社会福祉士を招いて特別講義を実施

児童×社会福祉士
テーマ「子どもの未来を支える社会福祉士-
子どもの貧困と向き合うソーシャルワーカーとは」

NPO山科醍醐こどものひろば理事長 村井 氏

災害×社会福祉士
テーマ「社会と地域をつなぐ
災害時ソーシャルワーカーはどう動いたのか」

医療ソーシャルワーカー 戸次先生・鈴木先生

一人ひとりをサポートするために

国家試験に向けたサポート

卒業後サポート

万全の国家試験対策を行っても、試験当日の体調不良などのアクシデントは考えられるもの。京都医健では万が一、不合格の場合でも卒業後も受講料無料で国家試験をサポートします。

合格者の声

正村さん

社会福祉科 2015年卒

正村さん

京都産業大学出身

一緒にがんばる仲間がいるのは通学制最大の強み!

1年間で国家資格をめざすので、入学当初はわからない用語だらけでしたが、早い段階からの模試や国家試験対策で理解度の確認ができたことで意識が高まりました。また、同じ目標を持った仲間がいることは通学制の何よりの強みです!

木村さん

社会福祉科 2016年卒

木村さん

立命館大学出身

国家試験対策講座のおかげで成長が目に見えた!

福祉の知識は全くのゼロからのスタート。制度や法律を覚えるのには苦戦しましたが、国家試験対策講座はとてもありがたかったです。ひたすら問題を解いて自分の成長が目に見えてわかり、モチベーションを保つことができました!

社会人入学をサポート

日本学生支援機構での奨学金の利用が可能になりました。

奨学金制度の改定により、平成25年度より修業年限2年未満の課程についても日本学生支援機構の奨学金の申込対象となりました。京都医健専門学校の社会福祉科も奨学金の利用を検討いただくことができるようになりました。

専門実践教育訓練給付金の指定講座になりました。

一定の条件を満たす労働者や離職者を対象に
年間最大48万円支給

雇用保険の被保険者期間が2年以上ある方が対象
※詳しくはお近くのハローワークにお問い合わせ下さい。

入学資格

  • 4年制大学・4年制専門学校卒業または2016年3月卒業見込みの方(学部・学科は問いません)
  • 3年制短期大学・3年制専門学校(夜間・通信を除く※)を卒業し、入学までに指定施設において相談援助業務に1年以上従事された方
    ※夜間・通信制ご卒業の方は2年の相談援助実務経験が必要となります
  • 2年制短期大学・2年制専門学校を卒業し、入学までに指定施設において相談援助業務に2年以上従事された方
  • 高等学校卒業又は同等の学力があると認められた方で、入学までに指定施設において相談援助業務に4年以上従事された方

相談援助業務とは、厚生労働省の指定した施設、具体的な例としては、特別養護老人ホームの生活相談員、児童養護施設の児童指導員等が該当します。 詳しくは「財団法人社会福祉振興・試験センター」ホームページをご参照ください。

入学から社会福祉士になるまで

入学から社会福祉士になるまで

※実務経験とは、福祉施設・医療機関など指定施設において「相談援助義務」に従事することをいいます。

入学前教育

入学前教育

社会福祉科では、入学前教育を実施しています。入学前に福祉職の基礎を身に付けることで、入学後の学習をスムーズに進めていくことができます。1年間の短期集中型コースだからこそ、入学前からしっかりとサポートしていきます。

卒業生

大塚さん

社会福祉科 2015年卒

大塚さん

医療法人社団石鎚会 田辺中央病院 勤務
京都学園大学出身

社会福祉士をめざしたきっかけは?

大学卒業後は不動産会社に就職し、営業として働いていました。あるきっかけで医療ソーシャルワーカーの人と関わる機会があり、はじめてこの仕事を知りました。その人らしく生きられるよう支援していく姿に「すごい仕事だ!」と感銘を受けました。自分もやってみたいと思うようになり、医療ソーシャルワーカーをめざして京都医健に入学しました。

仕事のやりがい

現在、病院で医療ソーシャルワーカーとして働いています。日々、様々な専門職と連携しながら入院する患者様の入院中や退院時の相談や支援を行っています。はじめて患者様を担当させてもらえたときは、本当に嬉しかったです。患者様が本音を言えるような関係づくり、「自分にしかできない支援」ができる医療ソーシャルワーカーをめざしています。

櫻井さん

社会福祉科 2016年卒

櫻井さん

社会福祉法人 京都市社会福祉協議会 勤務
同志社大学出身

キャリアアップをめざして。“現場経験”と“知識”をつなげることができた。

大学卒業後、相談援助の仕事に就きました。実務経験を積むうちに、もっとできることを増やすには社会福祉士の資格が必要だと感じるように。1年間、現場経験を積みながら社会福祉士をめざして勉強しました。国家試験のための勉強だけでなく、演習授業が豊富で知識と実際の現場とがつながり、実践的に学ぶことができました。社会福祉士取得後は、地域あんしん支援員として、ひきこもり、ごみ屋敷等の制度の狭間の課題を抱え孤立する方の支援に携わっています。地域の方と共に仕組みや支援方法をつくっていきたいです。

木村さん

社会福祉科 2016年卒

木村さん

幸重社会福祉士事務所 勤務
立命館大学出身

子どもの成長や笑顔が原動力。再進学は後悔しないためのチャレンジ。

大学卒業後、就職の道を選択。しかし、子どもを支える仕事がしたい!という夢が諦められず、京都医健へ入学を決意。最初は勉強にも苦労しましたが、同時に学ぶことの面白さも感じました。卒業後は子どもや家庭を専門にした社会福祉士事務所で、子どもの夜の居場所づくりをするトワイライト事業や子ども食堂などの活動をしています。この活動を通じて家族との会話やコミュニケーションにつながったり、子どもの笑顔や成長がみられることが一番のやりがいです。

大内さん

社会福祉科 2015年卒

大内さん

社会福祉法人 城陽福祉会 勤務
龍谷大学出身

一人だったら、国家試験を乗り越えられなかったかもしれない。

国家試験に合格したときは本当に嬉しかったです!たった1年間で合格できたのは、意識の高いクラスメイトや熱心な先生の支えがあったからこそです。卒業してからも情報交換や相談をしたり、同じ業界に仲間がいるのはとても心強いです。私は高齢者施設で働いていますが、京都医健で経験豊冨な先生方から教えてもらったことで、より実践に即したことが学べ、 現場に出てとても役立っています。

小西さん

社会福祉科 2016年卒

小西さん

社会福祉法人 高槻市社会福祉協議会 勤務
甲南女子大学出身

“生活支援コーディネーター”として新事業を担当。地域の課題に向きあう日々。

入学前は障害者の施設で勤務していました。ご利用者と町を歩いていた時、差別的な視線を感じ、障害を持つ方が地域で「その人らしく」生活できるサポートをしたい!と考え、社会福祉士をめざしました。今は、社会福祉協議会で「生活支援コーディネーター」として地域の困り事を関係機関と一緒に解決に向けて取り組んでいく新事業を担当しています。まだ始まったばかりですが、できるだけ地域に出て行って気軽に地域の方と話ができるような存在になりたいです。

四木さん

社会福祉科 2016年卒

四木さん

更生保護法人 盟親 勤務
立命館大学出身

“ここに来ればなんとかなる”京都医健はそう思える場所。

あっという間の1年間でした。勉強が大変な時もありましたが、どんな時でも先生やクラスメイトはもちろん、受付の方や守衛さんもみんながウェルカムでアットホーム。京都医健は1人でがんばるより「ここに来れば何とかなる」と思える場所でした。社会福祉士として更生保護の道を選んだのは、授業で「更生という字を一つにすると〝よみがえる″になる」という先生の言葉に「コレだ!」って感激したからです。犯罪を犯した人が本当の意味で「自立」するためのサポートを自分らしく行っていきたいです。

講師

米津先生

社会福祉士・介護支援専門員

米津先生

皆さんは、どうして社会福祉士を目指そうと思いましたか?社会福祉士の専門性とは何でしょうか?私たちは、相談援助専門職として、知識とスキルと価値を磨き、すべてはクライエントのために成果が出る仕事をめざします。資格取得を入り口として、皆さんがめざす支援を実現してください。

肱岡先生

関西学院千里国際中等部・高等部スクールカウンセラー
臨床心理士

肱岡先生

心理学の授業では、できるだけ日常の例に触れることで、これまでを振り返ったり小さなことに目を向け、人の傾向や不思議、違いを感じられる機会にしています。社会福祉士は、その方にとって特に大事な時期に寄り添える存在です。置かれている困難や心の機微までも繊細に感じとることができる柔軟かつ頼もしい社会福祉士になってください。

五百木先生

社会福祉士
いおき社会福祉士事務所 所長

五百木先生

社会福祉士という仕事は、皆さんの磨き方次第でいくらでも光り輝きます。単に福祉制度をよく知っているだけの専門職ではなく、京都医健で学んだことを活かし、福祉現場の中でさらに専門性や現場力を鍛えてほしいと思います。この試験は、努力型の試験です。努力すれば必ず未経験からでも合格できます!

社会福祉科の教員を動画で紹介!!

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account

Page Top