幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

社会福祉科 1年制4年制大学卒業者等対象

専門実践教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定講座

社会福祉科

社会問題の解決に貢献し、安心な生活を追求する。
人と社会をつなぐ相談援助のスペシャリスト。

ネット出願はこちら

専門実践教育訓練給付制度

介護福祉士等修学資金貸付制度

社会福祉士国家試験合格率(新卒)

そのワケは・・・
  • 独自の国家試験対策講座

    京都医健の国家試験合格へのメソッドをつめこんだ対策講座です。

  • 早期からスタートする模擬試験

    早い段階から繰り返しチャレンジすることで“解く力”を身に付けます。

  • 卒業生による補講

    卒業生が苦手科目克服法や勉強のコツなど実体験をもとにアドバイスします。

  • 教員による個別指導

    個人の理解度の確認やウィークポイントの補填を的確に行います。

  • 学生同士の勉強会

    学生同士が勉強方法を考えたり、お互いに教え合うことで記憶の定着につながります。

  • 姉妹校と連携した国家試験対策センターを設置

    グループ力を活かして国家資格取得に関するサポートを行います。
    ■情報収集
    ■データ分析・管理
    ■学習プランの作成
    ■模試・教材作成
    ■教職員研修

  • 卒業後無料サポート制度

    万が一、不合格の場合でも卒業後は授業料無料で国家試験の受験対策を実施します。

  • 実習対策

    国家試験を受験する上で、実習も壁の1つ。実習に向けて万全の対策を行っています。
    ■実習対策授業
    ■事前研究
    ■演習授業
    ■教員オリジナルの虎の巻

合格者の声

  • 正村さん

    社会福祉科 2015年卒

    正村さん

    京都産業大学出身

    一緒にがんばる仲間がいるのは通学制最大の強み!

    1年間で国家資格をめざすので、入学当初はわからない用語だらけでしたが、早い段階からの模試や国家試験対策で理解度の確認ができたことで意識が高まりました。また、同じ目標を持った仲間がいることは通学制の何よりの強みです!

  • 木村さん

    社会福祉科 2016年卒

    木村さん

    立命館大学出身

    国家試験対策講座のおかげで成長が目に見えた!

    福祉の知識は全くのゼロからのスタート。制度や法律を覚えるのには苦戦しましたが、国家試験対策講座はとてもありがたかったです。ひたすら問題を解いて自分の成長が目に見えてわかり、モチベーションを保つことができました!

  • 土井さん

    社会福祉科 2017年卒

    土井さん

    大阪国際大学出身

    人生で一番真剣に勉強に取組んだって言えます。

    今までの人生で一度も真面目に勉強したことがなかったので、「勉強ってどうすれば良いの?」というレベルからのスタート。先生が勉強方法など不安な時はいつでも相談に乗ってくれました。そのおかげでいつも前向きな気持ちで勉強に取り組むことができました。

社会福祉士への1年間

入学前
入学前授業(Myスクール)

入学前授業(Myスクール)月1回程度(7月〜3月)

4月
授業開始

入学式
授業開始(1週目から)
演習授業開始

5月
就職フェアin大阪城ホール

ゴールデンウィーク休暇(3~4日間)
就職フェアin大阪城ホール

6月
医健祭(学園祭)

医健祭(学園祭)
福祉就職フェア
就職活動スタート

7月

福祉就職フェア
模擬試験スタート(年間計6回、12月まで)
国家試験 受験対策講座開始

8月
学内合同企業説明会

お盆休み(3〜4日間)
学内合同企業説明会

9月

実習指導者会議

11月
相談援助実習

相談援助実習①(1週間)
実習先によって実習時間帯が異なります。(平均1日8時間)

12月

冬期休暇(約1週間)
多職種連携セミナー

1月

国家試験 直前対策

2月

国家試験(2月初旬の日曜日)

相談援助実習②(4~5週間)
実習先によって実習時間帯が異なります。(平均1日8時間)

3月
卒業式

実習報告会
卒業式
合格発表(3月中旬)

社会福祉士ってどんな仕事?

社会福祉士は、生活困難に直面している人に対して、社会福祉の専門的知識や技術をもって相談に応じ、問題解決に向けて援助する専門職です。一般的にソーシャルワーカーとも呼ばれており、関係機関、関係職種と連携しながら援助を行うことが求められます。児童、高齢、障がい分野以外にも、医療、教育、更生保護の分野においても活躍の場が広がっており、相談援助のエキスパートとして重要な役割を担っています。

活躍できるフィールド

社会福祉士は、様々なシーンで困難に直面している人々のサポートをしていきます。患者「貧困・虐待・障害・高齢・病気・自死・引きこもり・犯罪・失業・ドメスティックバイオレンス」といった困難に直面する人々に対して、現場で相談援助をしていきます。

行政

  • 福祉事務所(ケースワーカー)

地域

  • 社会福祉協議会

高齢

  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービスセンター
  • 介護老人保健施設
  • 地域包括支援センター

児童

  • 児童相談所
  • 児童養護施設
  • 児童自立支援施設
  • 母子生活支援施設

障害

  • 地域生活支援センター
  • 障害者支援施設
  • 生活介護事業所
  • 就労支援事業所
  • グループホーム

医療(医療ソーシャルワーカー)

  • 総合病院
  • 一般病院
  • 回復期病院

更正保護

  • 地域生活定着支援センター
  • 更生保護施設
  • 保護観察所(社会復帰調整官)
  • 少年院
  • 刑務所

教育(スクールソーシャルワーカー)

  • 小中学校

就職実績

公務員・社会福祉協議会・福祉事務所・団体

大阪府職員/京都府職員/滋賀県職員(児童相談所)/富山県職員/茨木市職員/高島市職員/大阪市職員/橿原市役所/寝屋川市役所/徳島県社会福祉協議会/社会福祉法人 京都府社会福祉協議会/社会福祉法人 京都市社会福祉協議会/社会福祉法人 高槻市社会福祉協議会/社会福祉法人 守山市社会福祉協議会/社会福祉法人 南丹市社会福祉協議会/社会福祉法人 京都府社会福祉事業団/社会福祉法人 京都総合福祉協会/一般財団法人 宇治市福祉サービス公社/ 幸重社会福祉士事務所/NPO法人 草津心身障害児連絡協議会

病院・クリニック

大阪医科大学付属病院/医療法人財団 医道会 十条武田リハビリテーション病院/医療法人社団 石鎚会 田辺中央病院/ 医療法人 菅原クリニック/医療法人 幸生会 琵琶湖中央病院/医療法人社団 美松会 生田病院/医療法人 清仁会 シミズ病院グループ/医療法人 柏友会 柏友会 樟葉病院/医療法人 和松会 六地蔵総合病院

福祉施設

社会福祉法人 宝塚さざんか福祉会/社会福祉法人 福朗 母子支援施設ヴェインテ/社会福祉法人 永山会 しがそせい苑/ 社会福祉法人 永山会 そせい苑/更生保護法人 盟親/社会福祉法人 城陽福祉会/社会福祉法人 真昌会 総合高齢者福祉施設 上牧の郷/社会福祉法人 七施会 特別養護老人ホーム メルシーうずまさ/社会福祉法人 花の会 第三共働舎 花の会/社会福祉法人 アイアイハウス/株式会社 エンカレッジ/社会福祉法人 新明塾 工房ソラ/ 社会福祉法人 小鳩会/社会福祉法人 さざなみ学園/社会福祉法人 嵐山寮 特別養護老人ホーム嵐山寮/洛和会ヘルスケアシステム 洛和ヴィラ桃山/洛和会ヘルスケアシステム 洛和山科小山児童園 てくてく親子教室 など他多数

就職者の声

  • 宮本さん

    社会福祉科 2017年卒

    宮本さん

    スポーツ&航空ビジネス専門学校出身

    社会福祉法人 さざなみ学園 勤務

    何かあったら先生にすぐ相談!最後まで親身になってくれた。

    入学までは、ニュースも見てこなかったので、社会常識もありま せんでした。ゼロから社会保障や社会の仕組みについての勉強 がスタート。先生の授業がおもしろくて、自分の医療保険などと 照らし合わせながら勉強すると理解しやすかったです。また、担任 の先生やキャリアセンターの先生はなんでも話せる存在。面談で は、私生活やこれまでの背景も考えてアドバイスをくれたのはあ りがたかったですね。

就職サポート年間スケジュール

5月 就職フェアin大阪城ホール

姉妹校6校が主催する合同企業説明会に参加します。300社以上の企業・医療機関が参加されます。

8月・9月 学内就職説明会

約70社の企業・医療機関・福祉施設にお越しいただきます。京都医健の学生のみ対象です。

京都医健はここが違う!
社会福祉科の強み!

京都で唯一!夜間1年制の社会福祉士の一般養成課程

通学制で学ぶメリット

  • 1国家試験・就職サポートの充実

    個別面談等を重ねながら1人1人の状況に合わせて試験対策や就職サポートをきめ細やかに行うことができます。

  • 2現場に強い!実践力が身に付く!

    資格取得だけがゴールではなく、現場で活躍できる社会福祉士をめざして、演習授業等で実践力を磨くことができます。

  • 3学習環境

    同じ目標をもったクラスメイトと助け合い、教員と直接対話しながら授業進めるので、理解度のアップや記憶の定着につながりやすいです。

ココが違う!!通信制との違い

  • 先生に対面ですぐ聞けるのでわからないところもその場で解決!

  • 図書室やキャリアセンターなどの施設が充実!

  • 実習先の紹介や実習中の訪問等サポートが手厚いから安心!

仕事と両立!働きながら学べる夜間部

夜間部なので昼働いて夜学ぶことが可能。国家資格をめざしながら収入を確保することもできます。
アクセスも便利なので、仕事との両立がしやすいです!

ワーク&スタディ制度

キャリアセンターが福祉施設やデイサービスなど学びに関係のあるアルバイト先を紹介するので、在学中から経験を積むことができます。

  • 医療・福祉分野のアルバイト先を学校が紹介
  • 現場経験を積みながら収入を得られる
  • 現場経験をアピールできる!そのまま就職につながることも

アルバイト先
高齢者施設 / デイサービス / 障害者施設 / 病院受付 / 訪問介護事業所 / リハビリ施設 / 健康増進施設 など

京都医健だからできる!学び&サポート

対人援助ゼミ

授業時間外にコミュニケーション力向上を目的としたゼミです。実習対策にもなります!

卒業後研修

業界の特別講師などを招き、スキルアップなど様々なテーマで卒業生に向けたセミナーや卒業生同士の勉強会を開催しています。

SSC(スチューデントサービスセンター)

専属のカウンセラーが様々な悩み相談に応じます。プライバシーを尊重し、最適な環境を設けています。

図書館

年間300日以上開放。
蔵書も多く、9:00〜21:45まで利用できるので勉強に集中できます。

トレーニングルーム

無料で利用できます。
勉強のリフレッシュにおすすめ!専属のトレーナーが常駐しています。

学割

社会人入学の方も通学定期など学生割引が利用できるので経済的にも負担が軽減されます!

学生の声

枡田さん

富山大学 出身

枡田さん

それぞれの分野のプロフェッショナルの先生が揃っているので、先生方の経験談を聞くと授業の中で用語などが覚えやすくなります!
卒業してから、こんなにすごい先生が教えてくれてたんだ!ということを実感しています。

2つの資格を取得できる!Wライセンスサポート制度

Wライセンスのメリット

  • 就職先の幅が広がる!
  • 資格手当などがプラス!
  • 2つめの資格試験は共通科目受験免除!
  • 田村さん

    社会福祉科卒業生
    精神保健福祉科在校生

    田村さん

    京都工芸繊維大学大学出身

    Wライセンスを取得して夢を叶えたい。信頼できる先生が強い味方。

    社会福祉科時代に経験したボランティアで精神障害の当事者の方々との関わりを通して、自分の中にあった精神障害者に対するマイナスのイメージが払拭されました。自分の進みたい将来について考えた時、将来は『心の孤立』を防ぐワーカーになりたいと思うようになりました。そのようなワーカーになるためにも、まずは精神領域を軸にした関わりを極めていきたいと思ったのがWライセンスをめざした最大の理由です。
    一人で勉強をすることに不安があったので、母校であり、相談がしやすい通学制にしました。社会福祉科のときからずっと知ってくれている先生がいるのは、何より心強いです。社会福祉士に精神保健福祉士の資格をプラスしてさらに経験や知識を深めていきたいです。

Wライセンス取得サポート制度

京都医健に入学し、最短2年間で社会福祉士精神保健福祉士をめざす方には学費サポート制度があります。

  • 例)1年目:社会福祉科 ⇒ 社会福祉士を取得
      2年目:精神保健福祉科に再入学

    精神保健福祉科の入学金10万円相当+学費10万円相当
    合計 20万円相当免除

※2年目に専門実践教育訓練給付金制度を利用する場合、Wライセンス取得サポート制度による学費免除によって専門実践教育訓練給付金制度の給付額が変わります。

1年間で“現場に強い”社会福祉士に

充実の演習授業

相談援助の実践力を高めていくため、ドラマ(演劇)の要素を用いた演習カリキュラムを3段階で組み立てているのが特徴です。

  • 1.自己覚知と自他に対する気づき

    指導は即興劇の国際資格を持った教員が行います。
  • 2.事例研究

    学生自ら相談援助に係る事例を作成し、事例研究発表を行います。
  • 3.対人援助場面の実際

    学んできた対人援助技術を実践する力を身につけます。
各務先生

即興劇の国際資格を取得している教員が担当します! 国家試験合格をめざすと共に、演習授業を通じて即戦力として活躍できる実践力を養います。

社会福祉科 学科長
各務先生

相談援助実習

各学生のテーマに基づき、児童・高齢・障害等の関連施設や病院で180時間の実習を行います。授業や演習で学んだ理論を現場の体験と統合させながら、実践現場における社会福祉士の業務や支援方法を理解します。

特別講義

業界の第一線で活躍する社会福祉士を招いて特別講義を実施

  • 児童×社会福祉士

    「子どもの未来を支える社会福祉士 -子どもの貧困と向き合うソーシャルワーカーとは-」
    NPO山科醍醐こどものひろば理事長 村井 琢哉氏

    医療×社会福祉士

    「京都大学病院のソーシャルワーカーが語る-医療現場の実際-」
    京都大学医学部附属病院 地域ネットワーク医療部
    医療ソーシャルワーカー 隈村 綾子氏

入学要件

入学から社会福祉士になるまで

※実務経験とは、福祉施設・医療機関など指定施設において「相談援助義務」に従事することをいいます。

卒業生

  • 櫻井さん

    社会福祉科 2016年卒

    櫻井さん

    社会福祉法人 京都市社会福祉協議会 勤務

    同志社大学出身

    キャリアアップをめざして。“現場経験”と“知識”をつなげることができた。

    大学卒業後、相談援助の仕事に就きました。実務経験を積むうちに、もっとできることを増やすには社会福祉士の資格が必要だと感じるように。1年間、現場経験を積みながら社会福祉士をめざして勉強しました。国家試験のための勉強だけでなく、演習授業が豊富で知識と実際の現場とがつながり、実践的に学ぶことができました。社会福祉士取得後は、地域あんしん支援員として、ひきこもり、ごみ屋敷等の制度の狭間の課題を抱え孤立する方の支援に携わっています。地域の方と共に仕組みや支援方法をつくっていきたいです。

  • 藪内さん

    社会福祉科 2017年卒

    藪内さん

    社会福祉法人 小鳩会 勤務

    関西学院大学出身

    子どもと親を支えたい。もっとここに居たいと思える場所に就職が決まりました。

    大学卒業後、幼保育園で職員として勤めていましたが、子どもたちと関わる中で、自分の無力さを感じ、もっと専門的な知識を身に付けるために社会福祉士をめざしました。私は実習先に就職したのですが、子どもと職員から本当に温かく受け入れてもらうことができ、もっと一緒にここに居たいと思いました。今後、資格を活かして親や保護者へ相談援助等の支援をしていきたいです。

  • 馬場さん

    社会福祉科 2017年卒

    馬場さん

    大阪市区役所 勤務

    立命館大学出身

    大学卒業後、国家資格を取得したからこそ叶えられた。福祉職の公務員としてスタート。

    私は児童相談所で働きたいと考え、福祉職の公務員をめざして大学から京都医健に再入学。この1年間を「国家試験の勉強は後半から。前半は就職活動」と割り切ってがんばりました。キャリアセンターの島田先生が面接対策からプライベートな悩みもなんでも相談にのってくれて支えてくれました。今は生活支援課ですがキャリアを重ねて児童相談所で働くという夢は変わっていません。そのためにも目の前のことに一生懸命取り組みたいです。

  • 大塚さん

    社会福祉科 2015年卒

    大塚さん

    医療法人社団石鎚会 田辺中央病院 勤務

    京都学園大学出身

    未経験から社会福祉士へ。“自分にしかできない”支援をしたい。

    社会福祉士をめざしたきっかけは?

    大学卒業後は不動産会社に就職し、営業として働いていました。あるきっかけで医療ソーシャルワーカーの人と関わる機会があり、はじめてこの仕事を知りました。その人らしく生きられるよう支援していく姿に「すごい仕事だ!」と感銘を受けました。自分もやってみたいと思うようになり、医療ソーシャルワーカーをめざして京都医健に入学しました。

    仕事のやりがい

    現在、病院で医療ソーシャルワーカーとして働いています。日々、様々な専門職と連携しながら入院する患者様の入院中や退院時の相談や支援を行っています。はじめて患者様を担当させてもらえたときは、本当に嬉しかったです。患者様が本音を言えるような関係づくり、「自分にしかできない支援」ができる医療ソーシャルワーカーをめざしています。

  • 大内さん

    社会福祉科 2015年卒

    大内さん

    社会福祉法人 城陽福祉会 勤務

    龍谷大学出身

    一人だったら、国家試験を乗り越えられなかったかもしれない。

    国家試験に合格したときは本当に嬉しかったです!たった1年間で合格できたのは、意識の高いクラスメイトや熱心な先生の支えがあったからこそです。卒業してからも情報交換や相談をしたり、同じ業界に仲間がいるのはとても心強いです。私は高齢者施設で働いていますが、京都医健で経験豊冨な先生方から教えてもらったことで、より実践に即したことが学べ、 現場に出てとても役立っています。

  • 小西さん

    社会福祉科 2016年卒

    小西さん

    社会福祉法人 高槻市社会福祉協議会 勤務

    甲南女子大学出身

    “生活支援コーディネーター”として新事業を担当。地域の課題に向きあう日々。

    入学前は障害者の施設で勤務していました。ご利用者と町を歩いていた時、差別的な視線を感じ、障害を持つ方が地域で「その人らしく」生活できるサポートをしたい!と考え、社会福祉士をめざしました。今は、社会福祉協議会で「生活支援コーディネーター」として地域の困り事を関係機関と一緒に解決に向けて取り組んでいく新事業を担当しています。まだ始まったばかりですが、できるだけ地域に出て行って気軽に地域の方と話ができるような存在になりたいです。

  • 兼松さん

    社会福祉科 2017年卒

    兼松さん

    医療法人 清仁会 洛西ニュータウン病院 勤務

    京都産業大学出身

    入学して2ヵ月後、病院に内定。キャリアが大きく変わった1年間でした。

    社会福祉士としてどの分野にすすむか大変迷いましたが、経験豊富な先生方のアドバイスや就職説明会に参加する中で、医療ソーシャルワーカーをめざしたいと思うようになりました。入学してすぐ滋慶学園グループの大阪城就職フェアに参加し、5月末から本格的に就職活動を開始。6月には内定をいただきました。早く進路が決まったので、国家試験にむけて集中して勉強に取り組むことができたことが良かったです!

  • 大谷さん

    社会福祉科 2015年卒

    大谷さん

    高島市役所 勤務

    京都産業大学出身

    地域の人の役に立ちたくて。市役所で福祉職として勤務。

    「地域の人のためになる仕事がしたい」と思い、行政の福祉職をめざしていました。入学早々から担任の先生との面談で方向性を定め、国家試験の勉強と両立しながら就職対策などに取り組みました。努力が実って、高島市役所への就職と国家資格のどちらも手にすることができて、自分でも驚いています!今は、興味のあった子どもに関わる業務を担当することができ、毎日が充実しています。

  • 枡井さん

    社会福祉科 2015年卒

    枡井さん

    徳島県社会福祉協議会 勤務

    立命館大学出身

    大学時代、就職活動に”本当にやりたいこと”に向き合った。

    大学時代、就職活動中に「本当にやりたいことは何か」を考えた時に”人のためになる仕事がしたい”と社会福祉をめざして京都医健に入学。学ぶ中で、幅広い人に関わることができる「地域福祉」の分野に進むことを決意し、社会福祉協議会に就職。生活福祉資金貸付制度等を担当していますが、国や市町村の間に立って間接的に困っている人の生活を支援できることにやりがいを感じています。

  • 四木さん

    社会福祉科 2016年卒

    四木さん

    更生保護法人 盟親 勤務

    立命館大学出身

    “ここに来ればなんとかなる”京都医健はそう思える場所。

    あっという間の1年間でした。勉強が大変な時もありましたが、どんな時でも先生やクラスメイトはもちろん、受付の方や守衛さんもみんながウェルカムでアットホーム。京都医健は1人でがんばるより「ここに来れば何とかなる」と思える場所でした。社会福祉士として更生保護の道を選んだのは、授業で「更生という字を一つにすると〝よみがえる″になる」という先生の言葉に「コレだ!」って感激したからです。犯罪を犯した人が本当の意味で「自立」するためのサポートを自分らしく行っていきたいです。

  • 木村さん

    社会福祉科 2016年卒

    木村さん

    幸重社会福祉士事務所 勤務

    立命館大学出身

    子どもの成長や笑顔が原動力。再進学は後悔しないためのチャレンジ。

    大学卒業後、就職の道を選択。しかし、子どもを支える仕事がしたい!という夢が諦められず、京都医健へ入学を決意。最初は勉強にも苦労しましたが、同時に学ぶことの面白さも感じました。卒業後は子どもや家庭を専門にした社会福祉士事務所で、子どもの夜の居場所づくりをするトワイライト事業や子ども食堂などの活動をしています。この活動を通じて家族との会話やコミュニケーションにつながったり、子どもの笑顔や成長がみられることが一番のやりがいです。

  • 小枝さん

    社会福祉科 2017年卒

    小枝さん

    NPO法人 草津市心身障害児者連絡協議会 勤務

    龍谷大学出身

    施設見学で障がい者への見方が180度変わりました。彼らの良き理解者としてサポートし続けたい。

    在学中、障害者の就労支援施設の見学やボランティアで知的障害を持つ方と出会うまで、障害を持つ方と接したことがありませんでした。自分の中で先入観もありましたが、それは大きな間違いでした。一生懸命さや純粋さに心を打たれ、その方々の支援に携わりたいと強く感じ、障害者福祉の分野に進路の方向性を定めました。将来的には、独立型社会福祉事務所を開設し、支援を必要としている人の良き伴走者であり続けたいです。

社会福祉科の教員を動画で紹介!!

学費&教育訓練給付金についてはコチラで相談!

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account

page top

Page Top