幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

理学療法科 4年制

職業実践専門課程

ケガだけではなく病気・老化など
あらゆる障がいを回復する

ケガや病気で身体が不自由な方の
運動機能回復のために、
リハビリテーションのプロを育てます。

コース一覧

学科紹介

京都で理学療法士を目指す
昼間部(4年制)
働きながら学ぶコース
夜間部(4年制)
国家試験合格率 96.6%

万一、不合格の場合も
卒業後は無料サポート!

理学療法士への4年間

1年次

理学療法士の基礎を固める

主なイベント

基礎医学系授業(解剖学・運動学・生理学など)
国家試験対策

2年次

国家試験に備える

主なイベント

専門医学系授業(内科・整形外科など)
実技対策
国家試験対策

3年次

臨床実習に向けレベルアップ

主なイベント

臨床評価実習
理学療法士技術系授業
臨床実習前対策
国家試験対策(総まとめ)

4年次

国家試験に合格!

国家試験受験

主なイベント

国家試験対策模擬試験
1泊2日の勉強合宿
臨床実習(総合)
就職セミナー / 企業説明会

理学療法士ってどんな仕事?

  1. 「座る」「立つ」「歩く」の基本的動作のリハビリをします。
  2. 運動療法や物理療法で運動機能の改善をめざします。
  3. 在宅ケアや予防医学など高齢化社会でますます広がる活躍のフィールド
  • 座る
  • 立つ
  • 歩く

活躍できるフィールド

  • 医療 〈卒業生全データ〉
    希望が高い医療機関に
    90%が就職
  • 福祉・介護 〈卒業生全データ〉
    ニーズが高い福祉・介護
    分野に10%が就職
卒業生全員が就職

業界とのネットワーク・実績を活かし、理学療法士として就職しています

  • ■病院
  • ■リハビリテーションセンター
  • ■健康増進施設
  • ■介護老人保健施設
  • ■デイケアセンター
  • ■スポーツ施設
  • ■訪問看護ステーション
  • ■健康産業
  • ■行政機関(市役所・保健所・区役所・町村役場など)
  • ■教育機関(養護学校・理学療法士養成校など) 他

京都医健で学ぶ理学療法科の強み!

4年制専門学校だから基礎から応用までじっくりと学べる!

京都医健専門学校は4年制カリキュラム。じっくりと学ぶことができます。また、専門学校だからこそ、実際の臨床現場を想定した実技授業が豊富です。

臨床実習が充実

京都・滋賀・大阪だけではなく、様々なエリア・形態・規模の実習先があります。1年生から個別面談を重ね、自分がめざす理想の理学療法士に近づくことができる実習先を紹介します。臨床実習は4年間で計24週間。在学中から多くの現場を経験することができます。

学校の中が“チーム医療” リハビリ職 特別コラボ授業

理学療法科、作業療法科、言語聴覚科のリハビリ3職種をめざす学科が全てそろっているのは京都で唯一!その強みを活かして、全学年で特別コラボ授業を実施しています。段階的にチーム医療の実践ができ、現場に出てからすぐに役立つ!と好評のプログラムです。

多彩なキャリアを持つ講師陣によるスキルアップゼミを開講中!

リハビリテーションを必要とする患者様は様々です。そして理学療法士の活躍できる舞台も多岐にわたります。京都医健の理学療法科には小児や高齢者に対するリハビリテーション、スポーツ選手のサポートや海外での活動など多彩なキャリアを持った講師陣がそろっています。理学療法士として自身が活躍したいフィールドに合わせて受講できます。

地域医療・訪問リハビリの分野で活躍
東 先生東 先生

患者様が在宅生活を継続していただけるよう、理学療法士の果たす役割は社会においてとても重要です。本校では、地域における理学療法士の役割をフィールドワーク、グループワークを用いて“即戦力”となる準備を整えることができます。

JICAや国際NGOにて途上国で活躍
磯部 先生磯部 先生

世界には日本のように設備が整っていないところや、理学療法が必要なのにサービスを受けられない人がたくさんいます。あなたも「理学療法」という知識・技術・情熱を持って世界で人の役に立てる人になりませんか。

理学療法士 国家試験合格率(新卒)

2016年実績

64.5%

53名中 46名合格

全国平均 82.0%

2015年実績

88.1%

59名中 52名合格

全国平均 89.1%

卒業生

荒井さん

理学療法科 2016年卒

鷺村さん

医療法人幸生会 琵琶湖中央病院 勤務
滋賀県立大津高等学校出身

リハビリの仕事に憧れて。人の役に立つ仕事がしたい。

友人が怪我した際に、病院について行くことがありました。初めて「リハビリ」という仕事に触れ、私もこういう人の役に立つ仕事をしたいと憧れを抱くようになり、理学療法士をめざしました。京都医健は家からも通いやすく、理学療法士をめざす上で設備が充実しており、学校の雰囲気も良かったので入学を決めました。

患者様の良い変化を見ることができる

リハビリを通して、患者様が良い方向に向かっているのがわかったり、リハビリの効果を感じることができた時は、患者様の笑顔が自分のことのように嬉しく、やりがいを感じることができる瞬間です。時には大変なこともありますが、理学療法士になるためには、実習などたくさんの壁を乗り越えてきました。その度に京都医健の先生が親身になって勉強を教えてくれたり、実技練習につきあってくれました。それを思い出すと、まだまだ理学療法士としてスタートしたばかり。もっとがんばれる!と思うことができます。

大きな刺激を受けた海外研修で

在学中での一番の思い出はアメリカへの海外研修です。最先端のリハビリに触れたり、アメリカのトレーニング施設を見学したりとなかなか体験できないことをさせていただきました。海外研修に参加したことで刺激を受け、理学療法士になりたい!というモチベーションもさらにアップしました。また、アメリカの観光もすることができてすごく楽しく充実していた10日間でした。

理学療法士としてスキルアップしたい

今はまだ理学療法士の経験も少ないので、先輩にアドバイス頂いたり、わからない事もあります。まずは理学療法士として一人で動けるように、一人前になれるようにがんばりたいです。

講師

今井先生

副校長 前滋賀県理学療法士会会長/現相談役

今井先生

磯部先生

理学療法士
理学療法科教員

磯部先生

稲原先生

理学療法士
理学療法科教員

稲原先生

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account

page top

Page Top