アクセス

活躍する卒業生夢を実現した卒業生からのサクセスストーリー

理学療法科

理学療法科 2019年卒
井口さん

  • 勤務先:医療法人社団 仁生会 甲南病院勤務
    出身校:滋賀県立大津商業高等学校

  • ケガをした時にお世話になった理学療法士みたいになりたい!

    中学生時代に陸上部に所属していた陸上部の大事な大会前にケガをしてしまい、理学療法士の先生にお世話になりました。ケガのリハビリだけでなく、不安な私を励まし、心のケアまでしてくださった先生に憧れて、「私も理学療法士になりたい!」と思うようになりました。4年間でゆっくりと学べる京都医健は、勉強が苦手な私にとって学びやすくぴったりな環境でした。

    諦めず「理学療法士になって良かった!」と実感しています!

    現在は、主に病気やケガのため寝返り・座る・立つ・歩くなどの人間の基本的動作が困難になった方に関わっています。失ったものを回復させるだけでなく、今ある機能の維持・低下防止、健康増進をめざしたプログラムを作成し、一人ひとりの目的に合わせたリハビリを行なっています。リハビリに対して消極的だった患者様に「もう、歩けんくてもいいわ」と言われたことがありました。その様な患者様の気持ちに寄り添いながら私も一緒にリハビリに取り組みました。その結果、「先生もがんばってくれているし、私もがんばるわ」と前向きになり、退院日には1人で生活できるようになり、泣きながら「ありがとう」と言っていただきました。ご家族からも「こんなに歩けるようになってびっくりです」と喜んでくださり、本当に嬉しかったです。国家試験を取得するまでは勉強や実習など壁を感じたことも多く、くじけそうな時もありましたが、「諦めず理学療法士になって本当に良かった!」と心から思います。

理学療法科 2016年卒
鷺村さん

  • 勤務先:医療法人幸生会 琵琶湖中央病院
    出身校:滋賀県立大津高等学校

  • リハビリの仕事に憧れて。人の役に立つ仕事がしたい。

    友人が怪我した際に、病院について行くことがありました。初めて「リハビリ」という仕事に触れ、私もこういう人の役に立つ仕事をしたいと憧れを抱くようになり、理学療法士をめざしました。京都医健は家からも通いやすく、理学療法士をめざす上で設備が充実しており、学校の雰囲気も良かったので入学を決めました。

    患者様の良い変化を見ることができる

    リハビリを通して、患者様が良い方向に向かっているのがわかったり、リハビリの効果を感じることができた時は、患者様の笑顔が自分のことのように嬉しく、やりがいを感じることができる瞬間です。時には大変なこともありますが、理学療法士になるためには、実習などたくさんの壁を乗り越えてきました。その度に京都医健の先生が親身になって勉強を教えてくれたり、実技練習につきあってくれました。それを思い出すと、まだまだ理学療法士としてスタートしたばかり。もっとがんばれる!と思うことができます。

    大きな刺激を受けた海外研修で

    在学中での一番の思い出はアメリカへの海外研修です。最先端のリハビリに触れたり、アメリカのトレーニング施設を見学したりとなかなか体験できないことをさせていただきました。海外研修に参加したことで刺激を受け、理学療法士になりたい!というモチベーションもさらにアップしました。また、アメリカの観光もすることができてすごく楽しく充実していた10日間でした。

    理学療法士としてスキルアップしたい

    今はまだ理学療法士の経験も少ないので、先輩にアドバイス頂いたり、わからない事もあります。まずは理学療法士として一人で動けるように、一人前になれるようにがんばりたいです。

理学療法科 2016年卒
宮﨑さん

  • 勤務先:医療法人社団 石鎚会 田辺中央病院
    出身校:京都府立西城陽高等学校

  • 自分自身のリハビリの経験から理学療法士の道へ

    高校の時、自分自身が手術をしてリハビリをうける経験をしました。そのとき理学療法士の先生に大変お世話になり、とてもすばらしい仕事だと感じました。私も理学療法士になって自分と同じようにケガや手術をした人のリハビリを支えたい!と理学療法士の道に進むことに。アクセスも便利で兄弟も京都医健に通っていたこともあり、京都医健に入学しました。

    患者様と達成した喜びを共有できる。

    理学療法士として働く中で、患者様と目標を共有し、目標に向けてリハビリのプランを進めて達成できた時は、大きな喜びがあります。そして、その喜びも患者様と共有することができます。また、患者様と接する中で、「担当が先生で良かった」と言って頂けたときはとても嬉しかったです。

    心から信頼できる先生との出会い。

    理学療法士になるまでに実習や国家試験など大変なこともありましたが、先生やクラスメイトと共に乗り切きることができました。先生にはとくに感謝しており、信頼できる先生に出会えたことで自分の価値観や一つひとつの物事の考え方が大きくプラスに変わりました。

    研究も視野にいれてレベルアップしていきたい。

    まだ理学療法士としてスタートしたばかりなので、これから現場経験と自己研さんを積んでどんどんレベルアップしていきたいです。そして、大きな目標としては、何かを研究して新しいことを発見できるようになりたいです。

理学療法科 2020年卒
西田さん

  • 勤務先:独立行政法人国立病院機構 神戸医療センター
    出身校:滋賀県立草津東高等学校

  • 積極的にたくさんの方々と関わり自己成長し続けます

    私の就職先は、たくさんの診療科があるため、色んな職種の方々と関わることができ、働いてからも自分の成長に繋がると思い、就職することを決めました。就職活動中は、臨床実習も同時に行っていたので、スケジュール管理など大変なこともあり、悩むこともありましたが、学校の先生や実習先の先生方にもたくさん相談に乗って頂いたおかげで、整理し、乗り切ることができました。これから理学療法士としてどんな患者様にも対応できる知識を付けるだけでなく、学会や勉強会にも積極的に参加し成長していきたいと思います。

理学療法科 2020年卒
森山さん

  • 勤務先:医療法人幸生会 琵琶湖中央病院
    出身校:京都府立東稜高等学校

  • 実習先に就職!憧れの先生のような理学療法士になりたい

    バレエを習っていた頃に足を痛め、思うような練習やパフォーマンスが発揮できず辛い思いをしながらリハビリを受けたことがありました。その経験から、私と同じようにケガで苦しい思いをしている方々に寄り添いたいと思い、理学療法士を目指しました。実習指導者の先生が精神的にも患者様に寄り添って治療されているのを見て、私も先生のような理学療法士になりたいと憧れ、実習先の病院に就職させて頂きました。これから私が憧れた実習指導の先生のような理学療法士になれるように頑張っていきたいです。

理学療法科 2020年卒
山口さん

  • 勤務先:洛和会ヘルスケアシステム
    出身校:びわこ成蹊スポーツ大学

  • 将来は京都医健で出会った仲間と一緒に仕事がしたい

    私は入学前、健康運動指導士として心臓リハビリテーションという分野で運動指導をしていました。患者様と接する中で、「患者様に運動指導だけでなく、より良いリハビリテーションを提供できるようになりたい」という気持ちが大きくなり、理学療法士を目指しました。京都医健に入学してから大変なこともありましたが、国家試験だけでなく、実習や就職活動の時も、先生方がサポートして下さったので心強かったです。将来、京都医健で出会った先生方や仲間たちと一緒に仕事をできるようになりたいです。

理学療法科 2020年卒
梅本さん

  • 勤務先:医療法人社団小室整形外科医院 リハビリリウマチクリニック
    出身校:同志社大学

  • たくさんの方を笑顔にできる理学療法士を目指します

    学校や実習では理学療法士としての技術だけでなく、患者様との関わり方やスタッフとのコミュニケーションの取り方まで、必要なことは全て教えて頂きました。また先生に、授業以外の時間でも分からないところを教えて頂いたり、私が悩んでいることは何でも相談しやすい環境を作って下さったり、様々な方面でサポートして頂き非常に助かりました。将来は、たくさんの方を笑顔にできる理学療法士になりたいと思っています。そのために、京都医健で学んだことを忘れずに、これからも勉強を続けていきます。

理学療法科 2019年卒
山本さん

  • 勤務先:医療法人回生会 京都回生病院
    出身校:キャットミュージックカレッジ専門学校

  • 私の目標や性格に合う就職先をアドバイスしてくれました!

    入学前はリフレクソロジーや整体の仕事をしていました。施術で行き詰まった時に、もっと医療の幅広い知識と歩行や日々の動作を専門的に学びたいと思い、理学療法士をめざして社会人入学をしました。
    大きなキャリアチェンジに不安もありましたが、私の目標や性格に合う就職先を先生が紹介してくれました。就職先は職場の人間関係がとても良く、離職率が低いこと、地域密着型の病院で医療のことを幅広く学べるというところがとても魅力的でした。社会人経験がある私をあたたかく迎え入れてくれたこともとても嬉しかったです。

理学療法科 2019年卒
伊保木さん

  • 勤務先:三菱京都病院
    出身校:京都府立桂高等学校

  • 将来、「認定理学療法士」になって学会で発表することが目標!

    私が就職先を決めたのは、急性期の病院で地域の患者様に対して高度な医療を提供していることや、私自身、心臓分野に興味があり、その分野に力を入れていることに大きな魅力に感じたからです。実習中も先生やクラスの仲間に相談し、たくさんのアドバイスをいただきました。おかげで4年生の9月には内定をいただくことができました。将来的には、経験を積んで「認定理学療法士」をめざし、学会などで発表することを目標にしています。今よりもっと高度な医療を患者様に提供していきたいです。

理学療法科 2019年卒
小川さん

  • 勤務先:医療法人社団阿星会 甲西リハビリ病院
    出身校:滋賀県立信楽高等学校

  • 実習先に就職。早く一人前になって患者様を幸せにしたい

    身近な人が理学療法士のお世話になった経験から、ケガで動けなくなった人のリハビリをしたいと思ったことがきっかけで、理学療法士をめざして京都医健に入学しました。
    私は実習先に就職を決めました。実習中、スタッフのみなさんの雰囲気が良いところに魅力を感じたからです。就職活動に悩んでいた時も、先生がいつも相談に乗ってくれ、背中を押してくれたことはとても心強く、感謝しています。今はまだ勉強の毎日ですが、早く一人前の理学療法士になり、たくさんの患者様を幸せにすることが私の一番の目標です。

理学療法科 2018年卒
中嶋さん

  • 勤務先:医療法人 医誠会 茨木医誠会病院
    出身校:京都府立西舞鶴高等学校

  • 患者様と一緒にがんばることができる素晴らしい職業

    理学療法士の仕事は、患者様の人生に寄り添えること、患者様と一緒にがんばることができることが最大の魅力です!就職活動は、国家試験と両立するためにたくさんの説明会に参加。就職先は暖かい雰囲気があり、レベルアップできる環境が整っていて、「ここで働きたい!」と思いました。実習終了後、12月に内定。おかげで国家試験の勉強に集中することができました。1人でも多くの方の役に立てるように認定資格などめざしたいです。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account