アクセス

活躍する卒業生夢を実現した卒業生からのサクセスストーリー

精神保健福祉科

精神保健福祉科 2018年卒
呉岡さん

  • 勤務先:医療法人 静心会 桶狭間病院 藤田こころケアセンター
    出身校:龍谷大学

    営業職精神科ソーシャルワーカー

  • 未経験から精神科ソーシャルワーカーへ。営業職の経験も活きている。

    精神障がいという「生きづらさ」を抱えて生活している人の支援をしたいと思い、全くの未経験から京都医健に入学しました。1年間はあっという間で、入学4か月後には内定獲得。精神科救急医療を軸とし、早期退院早期支援に関わりたいと考えて就職先を決定しました。現在は、初めての業務ばかりで戸惑うこともありますが、前職の営業経験で培った電話対応や名刺交換等のビジネスマナーは今の仕事にも活きています。先輩指導の下、病棟も担当させていただき、患者様との面談や退院前訪問指導、カウンター業務等、様々なことにチャレンジしています。患者様から「ありがとう」と言ってもらえることがやはり一番うれしいです。「患者様の最大の味方でいる」精神保健福祉士でありたいです。

精神保健福祉科 2018年卒
川本さん

  • 勤務先:ヴィストカレッジ富山駅前
    出身校:同志社大学

    福祉施設職員児童指導員

  • 成長中の企業で自分の可能性にチャレンジ!!

    1年間で国家資格取得と就職をめざすため、不安な時期もありましたが、先生がいつでもどんな時でも相談に乗ってくださり、「あなたらしくいていいんだよ」と声をかけてくれたことで、少しずつ自分に自信が持てるようになりました。就職先はスローガンに共感できたことが一番です。会社自体も成長中で社員一人一人が挑戦し、考える機会を多く設けてくれる環境にも魅かれ、この場所で自分の可能性を信じてみようと思います!

精神保健福祉科 2018年卒
中野さん

  • 勤務先:医療法人財団光明会 明石こころのホスピタルCOCORO
    出身校:帝塚山学院大学

    大学生精神科ソーシャルワーカー

  • 大学での心理学の学びがきっかけ。精神科医療の第一線で活躍したい。

    大学で心理学を学ぶ中で、悩みを抱えている人の心の面だけではなく、生活面も支援をしたいという思いから精神保健福祉士をめざして入学。医療の第一線で活躍したいという思いから、精神科救急のある病院に就職を決めました。大学卒業後すぐに入学したため、就職活動の経験がなく、不安の連続でしたが、先生に相談をしながら乗り越えることができました。先生方に驚かれるくらい立派なソーシャルワーカーになることが将来の夢です。

精神保健福祉科 2018年卒
佐野さん

  • 勤務先:オムロン エキスパートリンク株式会社
    出身校:愛知学院大学

    大学生精神科ソーシャルワーカー

  • 世界企業で働く中で精神保健福祉士の必要性を実感。

    私は入学前から働くこの会社で障害のある方の就職の支援を行なっています。精神障がいをお持ちの方の支援をするケースが増えてきたことや、精神障がい者の方の雇用義務化の流れを踏まえ、疾患や障がい、それを取り巻く環境、法律などについて学んで仕事に生かすために京都医健に入学。働きながら精神保健福祉士を取得しました。働く側にとっても雇用側にとっても頼りになる精神保健福祉士になることが目標です。

精神保健福祉科 2018年卒
大石さん

  • 勤務先:医療法人聖和錦秀会 阪本病院
    出身校:川崎医療福祉大学

    大学生精神科ソーシャルワーカー

  • くじけそうな時、先生が最後の最後まで励まし、支えてくれました!

    直前になっても模試の結果がおもわしくなく、毎日不安に押しつぶされそうでした。先生には、最後の最後まで合格するために1対1で勉強を教えていただき、精神的に大きな支えでした。先生には感謝しかありません。

精神保健福祉科 2019年卒
中井さん

  • 勤務先:医療法人静心会 桶狭間病院 藤田こころケアセンター
    出身校:帝塚山学院大学

  • 「この人みたいになりたい!」と思う人に出会えました!

    大学で心理学を勉強していましたが、個人への支援に加えて環境にも同時に関わることができる精神保健福祉士の資格に興味を持ち、大学卒業後すぐに京都医健に入学しました。
    就職先は、病院見学をした際に、担当していただいた精神保健福祉士の方の患者様へのアプローチに感銘を受け、「この人のようになりたい!ここで働いてみたい!」と思いました。大学時代に就職活動をしていなかったので、履歴書の書き方や面接の対応方法など知らないことばかりで、先生方にたくさんサポートしていただきました。おかげで希望の病院に内定をいただくことができました。

精神保健福祉科 2019年卒
伊藤さん

  • 勤務先:医療法人三幸会 第二北山病院
    出身校:帝塚山学院大学

  • 大学で心理学を学んだ後、国家資格取得をめざして京都医健に入学

    大学では心理学を専攻し、発達障がいを持つ子どもたちの家庭教師をしていました。子どもたちや保護者の方と関わっていく中で、勉強面だけではなく、学校や家庭での様子や友人関係、進路や今後の就職先などもっと生活全体をみていきたいと考えるようになりました。そんな時に大学の先生からのアドバイスがきっかけで、精神保健福祉士をめざすようになりました。
    京都医健で資格を取得後、就職してから患者様とお話をしていた時に、「あの相談員さんには本当にお世話になった」と涙ぐんで話されている姿をみて、私もいつかそんな風に思ってもらえるような相談員になりたいです。

精神保健福祉科 2019年卒
野村さん

  • 勤務先:一般社団法人水口病院
    出身校:滋賀大学

  • 学校主催の就職イベントは積極的に参加しました!

    家族が病気をした時に、誰に相談して良いのか分からず、途方に暮れました。この経験から今度は自分がそういった人の支援がしたいと考えたことが、精神保健福祉士をめざした理由です。
    1年間で就職活動、実習、国家試験勉強を行うので、目まぐるしい日々でしたが、先生からあたたかい言葉をかけていただき、先生と話すと自分を見つめ直すことができました!私は早い段階に就職活動を始めたので、方向性がはっきりしていませんでした。だからこそ、学校の主催する就職フェアや病院見学の機会があると必ず参加するようにしていました。

精神保健福祉科 2019年卒
西野さん

  • 勤務先:医療法人健心会 五十嵐こころのクリニック 精神科デイケア リサーフ
    出身校:大谷大学

  • 自分の社会経験を誰かのために活かしたい

    一般事務職をしていましたが、専門的な資格を取得し、自信を持って仕事がしたいと漠然と思っていたことと、自分の社会経験が、社会復帰をめざす方々への支えにつながればと思い、この仕事を選びました。
    就職先は見学に行かせていただいた際、広々とした明るいフロアに、私自身がリラックスすることができました。利用者様が生活空間の一部として過ごしておられ、自然に寄り添うようにサポートするスタッフの皆さんの姿を見て、ここで精神保健福祉についての学びを深めたいと思い、就職を決めました。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account