アクセス

活躍する卒業生夢を実現した卒業生からのサクセスストーリー

作業療法科

作業療法科 2019年卒
荒川さん

  • 勤務先:社会医療法人岡本病院(財団) 京都岡本記念病院
    出身校:園田学園高等学校

  • いつか成長した姿を先生に見てもらいたい!

    実習先でもあった就職先は、実習中から「絶対ここで働きたい!」と思っていました。多くの患者様がいるので様々な分野について学ぶ事ができます。
    困ったことがあってもスタッフの皆さんが親身になって相談に乗って下さるので、働きやすい環境だと感じたところも決め手の一つです。私の将来の夢は学会で発表することです。私は勉強が本当に苦手で卒業することができないかと思っていました。それでも4年間で卒業し、作業療法士になれたのは、サポートし続けてくれた先生のおかげです。その先生に学会で成長した姿を見てもらいたいです。

作業療法科 2016年卒
丹波さん

  • 勤務先:医療法人社団 蘇生会 蘇生会総合病院
    出身校:京都府立東稜高等学校

  • 〝人の役に立ちたい″が私のスタート。

    もともと人と話したり、接することが好きで、ものをつくったりすることもとても好きでした。作業療法士の仕事を知り、人の役に立ち、人の生活に関われる仕事をしたいと思い、作業療法士をめざしました。
    京都医健は京都の中心地なので通いやすく、オープンキャンパスで感じた校内のにぎやかで楽しい雰囲気、熱心な先生方を見てここなら4年間楽しく通えそう!と京都医健への進学を決めました。

    患者様が流した嬉し涙が忘れられません。

    夢だった作業療法士として働くことができ、病院に入院・通院されている患者様の生活の質の向上をめざして、様々な訓練を行っています。患者様と接する中で、日々やりがいを感じています。
    はじめは1人で寝返り、起き上がりもできなかった方が最後には1人で歩いて自宅に帰れるレベルまで改善され、退院日に「本当にここまでしてくれてありがとう」と涙を流されたこともありました。その瞬間に立ち会うことができ、一生懸命に患者様に関わることができて本当に良かったと思うことができました。

    クラスメイトの存在が心の支え

    京都医健にはリハビリ3職種とソーシャルワーカーをめざす学科がそろっているので、在学中の他職種合同授業での経験が、ミーティングやカンファレンスなどでも伝え方など参考になる点が多く現場では大いに役立っています。
    また、スポーツ大会や医健祭など楽しいイベントも多く、毎年クラス団結して全力で参加していました。イベントを重ねるごとにクラスのみんなと仲を深めることができ、楽しく学校生活を送ることができました。

    周りの人を笑顔にできる作業療法士へ

    作業療法士は私も患者様も共に働く仲間も笑顔になれる素晴らしい仕事です。相手の気持ちをしっかり考え、結果を出すことができ、患者様やリハビリスタッフ、他職種の方から「この人のリハビリが受けたい」「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるような作業療法士になりたいです。

作業療法科 2018年卒
宝本さん

  • 勤務先:社会医療法人 美杉会 佐藤病院
    出身校:滋賀県立国際情報高等学校出身

  • キャリアセンターのサポートで面接準備はバッチリ!

    作業療法士は求人が多く、どの病院に絞って就職活動をすれば良いのかがわかりませんでしたが、先生に相談したり、クラスメイトと情報交換しながら就職活動を行いました。面接前には、キャリアセンターの先生が言葉遣いや礼儀、面接内容の確認をしてくれたので、あまり緊張せず自分らしく面接に臨むことができました。自分に興味のある分野に強い病院と出会い、就職することができて本当に良かったです。

作業療法科 2020年卒
夏原さん

  • 勤務先:医療法人社団 和風会 千里リハビリテーション病院
    出身校:京都府立京都すばる高等学校

  • 理想を高く持って就職活動に臨みました!

    内定先の病院見学に行った際、新人の教育体制や、患者様の普段の生活に近い形でリハビリを行い、退院に向けたアプローチに力を入れている点が、自分の理想に合致した病院だと感じました。就職活動は先生にたくさん相談し、自分が就職してから叶えたいことや、就職後のキャリアアップについてレベルの高いところに挑戦する大切さを教えて頂きました。まだ作業療法士としてのスタートラインに立ったところなので、いつか京都医健で授業をできるぐらいの知識を身につけたいです。そして患者様の身体だけでなく心も元気にできる作業療法士になりたいです。

作業療法科 2020年卒
保坂さん

  • 勤務先:一般財団法人近江愛隣園 今津病院
    出身校:滋賀県立高島高等学校

  • 地元に恩返ししたい!その夢のスタートラインに立てました!

    高齢者の多い地域であり、自分が育った場所で感謝を伝えるため、この病院で働きたいと思いました。早い段階で内定を頂けたので、国家試験の勉強と就職活動との両立という大変さはあまりありませんでした。困っていることがあると先生が時間を作って下さり、相談することができたのはとても良かったです。「悩まずして成長は得られず」と教えていただき、色々悩んで考えてと大変でしたが、そこで得られた成長もあるのでこの言葉は常に大切にしたいです。たくさん勉強して知識を増やし、より多くの患者様の心に寄り添える作業療法士になりたいです。

作業療法科 2020年卒
神田さん

  • 勤務先:聖マリアンナ医科大学病院
    出身校:京都府立山城高等学校

  • 実習で感じた“ハンドセラピィ”の大切さが就職の決め手に!

    身体面だけではなく精神的な部分までアプローチができるようになりたいと思い作業療法士を目指しました。実習へ行った際、リハビリの大切さや手が使えないだけでどれほど日常生活が不便かを知り、そこからハンドセラピィという分野に携わりたいと思いました。そのことを先生に相談し就職先を紹介してもらいました。ハンドセラピィはもちろん多種多様な疾患に対応していて、患者様に適切なリハビリを行うために自分が成長できるのではないかと思い今の職場に決めました。将来は認定作業療法士になれるように努力したいです。

作業療法科 2020年卒
新川さん

  • 勤務先:医療法人社団 恵心会 京都武田病院
    出身校:京都府立北稜高等学校

  • 先生から頂いた言葉が、私を変えてくれました_!

    国家試験の勉強や課題を、後回しにしないように、その日のうちに取り組み、就職活動はキャリアセンターの先生から色々アドバイスを頂きました。面接練習をたくさんして頂き、希望する就職先から内定を頂くことができました。先生から「自信を持って!」と言われたことがとても力になりました。以前は新しいことになかなか挑戦できませんでしたが、この言葉のおかげで、今では積極的に色々なことに挑戦できるようになりました。患者様と共に支え合いリハビリを頑張っていける作業療法士になれるよう、これからもしっかり勉強していきたいです。

作業療法科 2019年卒
木村さん

  • 勤務先:大阪医科大学附属病院
    出身校:滋賀県立水口高等学校

  • 祖母が心身共に回復する姿を見て作業療法士の道へ

    小さい頃から医療関係の仕事に就きたいと思っていました。その中でも作業療法士をめざすようになったのは、祖母が実際に作業療法を受けているところを見学したことが大きなきっかけです。
    心身ともに回復していく祖母の姿をみて、私も患者様の人生に寄り添いながら、より良い生活を送るためのお手伝いがしたいと思い、作業療法士の道へすすみました。京都医健で学ぶ中で、様々な分野に興味が湧くようになり、卒業してからも幅広く知識を広げていきたいと思うようになりました。就職先では様々な分野や疾患の方に対応できるので、日々成長しながらより良い作業療法ができると思い、就職を決めました。

作業療法科 2018年卒
山本さん

  • 勤務先:社会医療法人 信愛会 交野病院
    出身校:京都府立北稜高等学校出身

  • 祖母が笑顔を取り戻した作業療法の力に感動しました。

    作業療法士をめざしたきっかけは、祖母のリハビリを見学したことです。今までの生活ができなくなる祖母を近くで見ていたので、リハビリを通して機能や生活が回復していく姿に感動しました。できることが増えていく中で、祖母に笑顔が戻ったことも作業療法の魅力だと感じました。就職先には脊髄脊椎センターがあり、専門性の高い知識を得られます。知識や技術を身につけ、1人でも多くの患者様やご家族を幸せにしたいです。

作業療法科 2017年卒
古倉さん

  • 勤務先:医療法人 徳洲会 近江草津徳洲会病院
    出身校:滋賀県立石山高等学校

  • 人の手の使い方で日常生活も大きく変わる!

    高校3年生の夏に祖母が脳卒中で倒れ、作業療法士という仕事を知りました。看護師をめざしていましたが、進路を方向転換し、自分の手でリハビリをして良くすることができる作業療法士の道へ。先生の紹介もあり、実習先の手外科に就職しました。研修会も多く、様々なことを吸収しています。何より患者様と話す時が一番楽しく、共に喜びあえることにやりがいを感じています。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account