IKENの楽しいキャンパスライフ&イベントがまるわかり♪京都医健専門学校ブログ

鍼灸科の1年生がびわこ一泊研修に行ってきました!!

こんにちは!
鍼灸科1年担任の野間です

 

先日、鍼灸科の新入生でびわこ一泊研修に行ってきました

鍼灸科は午前コースと午後コースの2クラス。
この一泊研修は貴重な2クラス合同行事です

 

入学からまだ約10日。
探り探り始まったびわこ一泊研修でしたが、帰る頃には凄い一体感
これからの学校生活が楽しみになりましたね

 

 

 

1日目は「プロの職業人になるためのオリエンテーション」

テーマは「目的・目標・方法について」

 

鍼灸師を目指す理由やきっかけはそれぞれ違いますが、

一人ひとり熱い想いを持って夢を叶えるために京都医健に入学された皆さん。

その想いを行動に繋げ、充実した毎日を過ごすために、頭の中にある夢・目的・目標・方法を書き出しました

 

 

 

 

大きな夢(目的)を、具体的な目標や小さな課題に置き換えて実践することが大切なんですね

 

夕食はお鍋

 

 

 

 

 

 

 

皆さん良い食べっぷり

 

綺麗に完食

 

 

片付けも自分たちで
協力体制もバッチリです

 

 

 

夜の自由時間は、リラックスモード

 

クラスメイトといろいろ喋ったり…
勝手にマイクを持って歌いだしたり…
気付けばクラスの垣根を超えてみんなでUNO大会が始まったり…
さっそく勉強を頑張っている強者も

 

 

 

 

 

 

その後は「ツボ押しセミナー」

 

菊井先生直伝の、今夜よく眠れるツボををみんなで習得!
きっと部屋に戻ってからもケアの続きで盛り上がったことでしょう

 

 

 

 

2日目は「鍼灸を知るオリエンテーション」

 

実際に菊井先生が治療する姿を見学しました

菊井先生は
「勉強していくと患者さんの身体の中がスケルトンで見えるようになる」
と仰ってましたね

 

患者さんの身体を観察して、表面から見えない部分も予想すること。
そして、会話をしながらでも治療を組み立てて、治療を進めること。
鍼灸治療で大切なのは「鍼を打つ」「灸を据える」だけではないことを感じられたようです。

 

 

 

そのあとは、

みんなでお散歩へ。

 

「お灸の際に用いる艾(モグサ)の原料は蓬(ヨモギ)

「道端の雑草をみても、どれが蓬(ヨモギ)なのかわからない」という学生もチラホラ。

 

ということで、蓬(ヨモギ)も収穫してきました!

 

 

 

 

入学したばかりの今はスタート地点

 

今は知らないこと・わからないことも、わかるようになっていく
今はみえていない景色が、みえるようになっていく
専門職者として活躍する3年後、5年後、10年後の皆さんが楽しみです

 

改めて、ご入学おめでとうございます
これから一緒にがんばりましょうね

 

 

鍼灸科のことをもっと知りたい方はこちらから

鍼灸科のオープンキャンパスはこちらから

 

 

この記事をシェアする