幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

文部科学大臣認定「職業実践専門課程」学校情報公開

幸せと元気を届ける人材を育成する学校です。

私たちの目指す人材育成学校として共通する基本情報です。

京都医健専門学校は2005年4月「スポーツ科学科」「柔道整復科」「鍼灸科」の3学科で開校しました。2007年に「理学療法科」、2012年に「作業療法科」「視能訓練科」「言語聴覚科」を増設し、「業界が求める人材を業界とともに育成する」産学協同教育の元、即戦力として活躍できる専門的な知識と技術を習得した人材を育成してまいりました。
そして、2013年4月に美容分野での人材養成を行うべく、トータルビューティー科を新設・開講、2014年4月には社会福祉科を新設いたしました。 京都医健専門学校では、これまでに培った医療・健康を支えるノウハウを応用し、確かな技術と知識を持ったスポーツ・医療・美容分野の人材を育成いたします。

滋慶学園グループ共通の教育コンセプト

「建学の理念」(実学教育、人間教育、国際教育)を実践し、「4つの信頼」(学生・保護者からの信頼、高等学校からの信頼、産業界からの信頼、地域からの信頼)を得ることです。

創立時から変わらない「建学の理念」

実学教育

「社会で即戦力となりうる人材には、技能を身につけさせること」を前提に、各業界において現在もっとも求められている知識・技能の教育を行う。

人間教育

スペシャリストとして将来を嘱望される人材を育成するために、人間資質の向上を図る独自の教育システムにより、心豊かな人格の形成に力を注ぐ。

国際教育

グローバル化している現代社会において、広く国際的に通用する人材の養成を目指す。

真の役割を果たすための4つの信頼

学生・保護者からの信頼

学生本人や保護者から信頼を得ることで、将来にわたり感謝される学校運営。

高等学校からの信頼

学生本人が在学していた高等学校より感謝され、信頼を得られる学校運営。

産業界からの信頼

学生本人ならびに学校が就職先より感謝され、信頼される学校運営。

地域からの信頼

地域の方々から感謝され、信頼される学校運営。

滋慶学園のシンボルマークのコンセプトは「五感、創造。」

目=見る 耳=聞く 口=語る 鼻=嗅ぐ 手=触る五感を使って全身で学ぶ。
「学ぶ」とは、人間の伝達、創造活動 を通じて世界と一体化することであることを示しているのがこのシンボルマークです。
五感を働かせ、問題解決や創造活動のための能力を生み出し、コミュニケーションの力によって 「建学の理念」と「4つの信頼」の実現を目指します。

  • 資料請求はこちら
  • オープンキャンパス

Official Account

Page Top