「ことば」「聴こえ」「食べる」などの障がいを持つ人のリハビリテーションを行うスペシャリストです。

※4年制大学卒業見込み者、4年制大学卒業者が対象の資格となります。

言語聴覚_国家試験合格率

≫ 言語聴覚科のブログはコチラ

言語聴覚士への2年間

言語聴覚士ってどんな仕事?

「言語聴覚士」はコミュニケーション障がいの専門職です。

医療・福祉・教育などの分野で活躍し、ご本人とご家族を支えます。
人生にはコミュニケーションは欠かせません。言語聴覚士はあらゆる年代の様々なコミュニケ―ション障がいについて、その原因を調べる検査をし、最善の対処法を探していきます。そして一人ひとりの症状に合わせて訓練や指導を行い、生活の中でより円滑なコミュニケーションが実現できるよう周囲の環境に働きかけています。

言語聴覚士を必要としている方は?

仕事内容の紹介

  • 検査・評価

    症状が現れた原因やその本質を明らかにし、対処法を見つけるために適切な検査・評価を行います。

  • 指導・訓練

    それぞれの方の状態にあった、「話す」「聴く」「食べる」などの指導や訓練を実施します。

  • 環境調整

    地域社会との連携や、社会資源の活用など、暮らしの環境をサポートし、社会復帰のお手伝いをします。

活躍できるフィールド

活躍できるフィールド

※1 OSCEとは「Objective Structured Clinical E xamination」の頭文字を取ったもので、「客観的臨床能力試験」と訳されます。ペーパーテストによる知識重視の教育ではなく、判断力・技術力・マナーなど実際の現場で必要とされる臨床技能の習得を、適正に評価する方法として注目されています。

実践力のある言語聴覚士育成をめざした京都医健独自のカリキュラム!!

充実の学内演習と実践に即した臨床能力試験
(OSCE)

卒業後、様々な分野で専門家として働く言語聴覚士だからこそ、求められるスキルがあります。検査や訓練の演習を通して高い実践力を身に付けることを目標にしています。

豊富な体験型学習

病院の協力のもと内視鏡の実習を実施しています。耳鼻咽喉科医師の指導のもと鼓膜や喉の器官の観察を行い、解剖学の知識や実際の嚥下の理解を深めます。同時に検査を受ける人の状況を理解します。

多彩な交流学習

失語症友の会やダウン症親の会など京都、滋賀を中心に活動を行っている様々な当事者の方々との交流会を行っています。交流を通して当事者とのコミュニケ―ションを学びます。

最新設備を使った授業

より高い防音設備を備えた聴力検査室、声やことばを科学的に分析する装置など、
臨床に即した学習環境が整っています。

最新設備を使った授業

国家試験合格に向けた取り組み

1年次より集中補講や模擬試験を開始し、全国の滋慶学園グループと連携した段階的な国家試験対策を行います。国家試験直前にはポイントを絞った国家試験対策授業を行います。

時間割例

時間割例

※土曜日にも授業を行う場合があります。
※カリキュラム・時間割・時限は一部変更となる場合があります。

◆主なカリキュラム

専門基礎分野 
リハビリテーション医学 / 神経系の構造・機能・病態 / カウンセリング法 / 聴覚心理学

専門分野 
失語症 I / 嚥下障害概論 / 聴覚検査 / 言語聴覚障害診断学 I(小児)/ 臨床実習 II

プロからのメッセージ

幅広く深い言語聴覚士をめざす 言語聴覚士 副校長
元京都府言語聴覚士会会長
三田村先生
コミュニケーションは一人ひとり異なり多彩です。当校の特色は1年生から体験的な授業のあることです。発達遅滞の子どもたちや失語症の方々と1年時から交流していきます。 学生の時から多くの臨床に即した経験を積んで幅広く深い言語聴覚士をめざします。

学生からのメッセージ

人の役に立つ専門職をめざして。
生活の楽しみに大きく関わりたい。
関西大学出身
𠮷江さん
公務員の募集の中で言語聴覚士という資格があるのを見つけて初めてこの仕事を知りました。人の役に立つ専門職をめざしたいという思いと、コミュニケーションという人の生活の楽しみに大きく関わるということに興味をもちました。今すぐに学校に入るべきか悩んでいた時、オープンキャンパスで学科の先生とキャリアセンターの先生が丁寧に時間をかけて相談にのってくださり、学生一人ひとりを大切にしてくださる学校だと感じ入学を決めました。

実際に授業を体験&京都医健について詳しく知ろう

  • オープンキャンパスに参加する
  • 学校説明会

ページの先頭へ

資料請求

お仕事体験