人の一生に関わる「眼」の機能回復や健康管理など視生活を支えるプロフェッショナルです。

≫ 視能訓練科のブログはコチラ

視能訓練士への3年間

視能訓練士ってどんな仕事?

両眼視機能に障がいを持つ人に対して、医師の指示のもと検査や矯正訓練を行います。 また、疾患などで視覚に障がいのある患者様に対して、残った機能を最大限に活かす補助具の選定や使い方の指導なども行います。

    仕事内容の紹介

  • 視機能検査(眼の検査)

    遠視や近視、乱視などの検
    査や、白内障や緑内障など
    の眼疾患に関わる検査を行
    います。眼鏡やコンタクト
    レンズの処方に関わる検査
    も行います。

  • 弱視・斜視などの訓練

    子どもに多く見られる「弱視
    」や「斜視」に対して訓練や
    機械や薬を使った様々な検査
    を行います。

  • 集団検診

    学校や保健センターでの検診
    を担当します。乳幼児健診、
    成人病検診を通じて眼科疾患
    の早期発見・早期治療につな
    げます。

  • 低視力者へのサポート

    生活習慣病などが原因で視機
    能障がいを抱えた方、中高年
    の低視力者に対し、眼鏡や拡
    大鏡といった補助具の選定、
    使用のサポートを行います。

専門性が高く求められる存在!

視能訓練士は眼の機能や構造の専門家。病院や眼科クリニックでは視機能の検査を一任されます。検査データを元に治療などに活かすため、眼科医からの信頼が厚い資格です。様々な医療機関から求められていますが、視能訓練士の数はまだまだ少ないのも現状です。

就職に強く一生役に立つ国家資格

就職に強い理由!

視能訓練士の数はまだまだ現場では不足しています。
眼科医1人に対して2人必要と言われていますが、
現状では眼科医14,000人に対して視能訓練士は約12,000人。
求められているから就職に強いのです。

仕事もプライベートも充実

視能訓練士の魅力は働きやすさにもあります。
女性が多い職場なので、視能訓練士として活躍するための制度が
整っていることが特徴です。
病院や眼科クリニックは、診療時間が決まっているため、
残業も比較的少ない職場。そのため、仕事後の時間を有効利用しやすく、
仕事とプライベートの両方を充実させることも可能です。

活躍できるフィールド

即戦力となる視能訓練士育成をめざした京都医健独自のカリキュラム!!

京都医健独自のカリキュラム

どの現場でも活躍できる視能訓練士に!

  • 最新の機器を用いて
    視能訓練士の「今」を学ぶ

    医療機器の進歩はめざましく、特に眼科医療機器は日進月歩で変化しています。京都医健では最新の機器を揃え、臨床経験豊かな講師陣からじっくり学べる環境を整えています。

  • 盲導犬の訓練施設見学
     

    盲導犬の訓練施設や訓練方法を見学し、医療に関わる上で、盲導犬の役割や正しい接し方を学びます。

  • 高齢者実習
     

    地域の方々にご協力いただき視力検査などの実習を行います。患者様の訴えから検査を組み立て実施し、声のかけ方、説明の仕方なども実践的に学びます。

  • プラスの技術「レチノスコピー」

    機械を使用しなくても正確に眼の屈折値を求められる高度な技術で乳幼児などの検査で役立ちます。この技術を身に付けられるのは京都医健ならではで、眼科でも重宝されています。

  • 眼鏡レンズ工場見学実習

    老舗レンズメーカーの東海光学株式会社のレンズ工場でレンズができるまでの過程一つひとつを見学します。

  • 幼稚園実習

    斜視検査や弱視訓練で子どもに関わることも多い視能訓練士。幼稚園でレチノスコピーを含む、眼の検査を実践します。

業界とのつながりを活かし、幅広く学ぶ

業界研究セミナー
眼科クリニックや大学病院など、様々な現場で活躍する現役の視能訓練士から
仕事内容を学ぶ授業です。

視能訓練士就職セミナー
就職を担当するキャリアセンターが
定期的に就職活動準備のためのセミナーを行います。

時間割例

視能訓練科_時間割

※土曜日にも授業を行う場合があります。
※カリキュラム・時間割・時限は一部変更となる場合があります。

◆主なカリキュラム

専門基礎分野 生理学 / 眼疾病学 / 社会福祉 / 臨床心理学 / 視能矯正学 / 総合演習

専門分野 視能訓練学 / 視覚生理学 / 生理光学 / 臨地実習 / 視覚生理学演習

プロからのメッセージ

患者様の気持ちを察知・理解・共感できる視能訓練士に! 視能訓練士 視能訓練科教員部
永谷先生
現場で求められるのは、患者様のためにできる最善のことは何かを考えられる視能訓練士。柔軟な対応ができるプロをめざして、京都医健では各学年の実習や課外活動、特別講義などを多く取り入れています。たくさんの人との交流、様々な経験を通して、将来頼もしい同期となる友人たちとの絆を深め、物事の考え方や視野を広げていきます。多様な臨床現場で柔軟に活躍できる視能訓練士をめざして一緒に頑張りましょう!

学生からのメッセージ

その人の人生を大きく変える喜びと感動がある! 滋賀県立八幡商業高等学校出身
坪田さん
ずっと人を助けることができる医療の仕事がしたいと思っていました。『視能訓練士』の仕事に出会い、自分にぴったりだと思いました!生活する上では必ず眼を使います。見えなかったものが見えるようなれば、その人の人生を大きく変えることができます。視能訓練士は患者様やご家族と共に喜びや感動を分かち合うことができる仕事です。私は子どもが好きなので、子どもの成長に関われる視能訓練士になりたいです!

実際に授業を体験&京都医健について詳しく知ろう

  • オープンキャンパスに参加する
  • 学校説明会

ページの先頭へ

資料請求

お仕事体験